« 何もやることない~(できない・・・) | トップページ | 甲子園臨 »

2013年8月10日 (土)

100系新幹線のおはなし

お盆休み突入ながら今年は何処にも行けず・・・。なので明後日辺りからまだボディー整形途中のCRJ-200を仕上げたいと思います。目標としては休みが終わるまでにはサーフェイサー吹き完了までいきたいです。さて今回はマイクロエースとカトーから出ている100系新幹線についてです。

Img_6640カトーはグランドひかりと呼ばれたV編成を製品化しており、大幅なリニューアルも無いまま再生産(ロットで色合いに変化あり)。マイクロエースはX0編成(後のX1編成)で小窓が特徴である9000番台でここ数年内に生産された新しいもの。しかしメーカーが違うために仕様違い以外でも色々と差が生まれています。


Img_6659私個人で一番感じたのは大きさ。マイクロエースはかなり太ましい感じですが、カトーのは細身と車幅がそこそこ違います(写真左)。ボンネット膨らみのボリュームも違います。個人的に言えばマイクロ製のが大きな車両の新幹線っぽい。しかし一番の問題が車高とそれによるドアの位置です。


Img_6655_2左がマイクロ製、右がカトー製ですが差が歴然。と言うのもマイクロ製の車高を下げました(後述)。じゃあ何故下げたか?それはドア足元の高さを合わせからです。無調整なら車体の高さはほぼ同じ(それでもマイクロのが高い)ですがドア足元の高さが合わないのです。なおカトー100系とマイクロエースの300系はドア足元の高さがほぼ同じ。

Img_6642_2車高を下げたマイクロエースの車両と0.5mm嵩上げしたカトー製ホーム。まだ若干ドア足元とホームに段差がありますがかなり高さによる段差が解消されています。車高を下げていないままだとこれより更に段差が生まれます。新幹線ホームなのにまるで一昔の客車や地方鉄道みたいな感じの段差に・・・。


Img_6644一方のカトーの車両と0.5mm嵩上げしたカトー製ホーム。段差の状態がマイクロ製のとほぼ同じ状態です。100系は腰高を解決して無い商品なのでしょうか?300系では改善されているのですが・・・。
なお嵩上げは0.7mm前後が一番実感的かなと思います。1mmだと多少高すぎます(若干ホームのがドア足元より高くなる)。

Img_6664マイクロエース製の300系と0.5mm嵩上げしたカトー製ホーム。かなり僅かな差だと思いますが、ホームとドア足元の高さはカトーの新幹線を置いた時の状態と同じです。まあマイクロエース製も車高下げてあげれば見てすぐ分かる程の差にはなりませんし・・・。



Img_6661まあ結局両メーカーのドア足元の高さを同じにしても、3枚目写真の様に車両の高さに差が生まれます・・・。どちらを取るかは人それぞれかと。なおマイクロエースの車両は台車の凸部分(白丸枠内)を多少削って、スプリングもほんの少しカットしました。凸部分削っただけだったりスプリングのカットした長さが短すぎると、車両がスプリングに押し上げられるためにグラついて脱線の元になるでしょう。
今回は過去の比較記事の追記です。イマイチうまくまとめられませんでしたが、もし購入や両者比較の際の参考になればかと思います。

« 何もやることない~(できない・・・) | トップページ | 甲子園臨 »

鉄道模型(車両ほか全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1659308/52824427

この記事へのトラックバック一覧です: 100系新幹線のおはなし:

« 何もやることない~(できない・・・) | トップページ | 甲子園臨 »

無料ブログはココログ