« 伊勢線40周年(鈴鹿駅展示) | トップページ | 1/144 J-AIR CRJ-200製作(サーフェイサー吹き付け) »

2013年9月 8日 (日)

18400系あおぞらⅡ増備車(PK09) 車内紹介

8月下旬の鈴鹿線ツアーへ参加した際に車内写真を撮りましたので紹介します。元々車内の写真を納めるのも参加理由の一つでしたので。

Img_6930まず扉部分(入り口)はこの様に中が見えます。元特急車両で今でも団体専用車両なのに、デッキ仕切りが無いのは違和感と言うかローカル線の車両っぽい雰囲気です。実際に大井川鉄道へ譲渡され活躍している16000系もデッキし切り無いですし。



Img_6933デッキ側から見た車内の様子。懐かしいと言うか昔の近鉄の雰囲気を残している車内というかそんな感じ。運転席への入り口扉部の上へ料金表とか付けたらローカル運用車両にしか見えないでしょうねw




Img_6909なおこちらの写真は反対側から見た車内の様子。こちら側から見るとデッキ仕切りがあって普通の特急車の車内っぽいですね。余談ですが出窓用にこのカーテン欲しいw鉄道まつりとかで売らないですかね。




Img_6910こちらは座席。昔の近鉄はこの色の座席ばかりでしたね。しかし今となっては網棚の車両はちらほら残っているものの、この色の座席はほぼ絶滅危惧種状態。座席は更新されているものばかりになりましたからね。ちなみに車両の構造上の関係で窓側はテーブルを出せませんw


Img_6961座席番号のプレート。こちらも昔の近鉄特急の雰囲気残す透明プレートに座席番号が印刷(刻印?)されているものです。JR・私鉄問わずに印刷で簡略化されているので、こう言ったものもどんどん減ってきていますね・・・。



Img_6963乗車した列車の車番プレート。こちらは意外に普通と言うか質素。間近には見て無いんで分からないですがどうも印刷っぽいです。号車番号を彫りこんで書いてあったら雰囲気出てるのに。




Img_7053さて、客室外もさらっと紹介。こちらは洗面所及びトイレ。古めかしさを感じますが普通と言えば普通。なお洗面所の水は足元に見えるペダルを踏んで出すタイプです。トイレに至っては説明不要。普通の和式でした。



Img_692618409側の車両端には何らかのスペースがありました。荷物入れ?多目的スペース?車販あった時代の控え場所?調べてないのでよく分かりませんが・・・。





実はまたまたネット通販で独レベルのボンバルディア・チャレンジャーを確保できました。ググってたら隣県のとある模型店の通販を発見し、翌日の仕事終わりに在庫確認したら残ってたので即購入。これでアレを作れるかも・・・^^
追記:1/144サイズのCRJ-200製作ですが、ようやくサーフェイサー吹きまで終わりました。製作記をまとめましたが、今日すでにあおぞら車内写真の記事を上げているので、平日帰って来て多少余裕がある日に掲載予定です。早ければ明日にも掲載できると思います。

« 伊勢線40周年(鈴鹿駅展示) | トップページ | 1/144 J-AIR CRJ-200製作(サーフェイサー吹き付け) »

鉄道(私鉄ほか)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1659308/53184021

この記事へのトラックバック一覧です: 18400系あおぞらⅡ増備車(PK09) 車内紹介:

« 伊勢線40周年(鈴鹿駅展示) | トップページ | 1/144 J-AIR CRJ-200製作(サーフェイサー吹き付け) »

無料ブログはココログ