« 2012年 F1日本GP観戦記・F1臨撮影記 (前章) | トップページ | 2012年 F1日本GP観戦記・F1臨撮影記 (土曜日) »

2013年10月11日 (金)

2012年 F1日本GP観戦記・F1臨撮影記 (金曜日)

本日は金曜日に行われたフリー走行の観戦記です。この日は大した事は無かったので、F1臨の撮影記はありません。

Img_2745朝は近鉄の白子駅に行ってみました。2011年同様に漫画Capetaの特別ポスターが貼られていました。今年(2013年)も作ってあるのかな?漫画は連載が終わっちゃいましたね。カペタはF1に行けたのか!?




Img_2749パチンコ店(または1コーナーゲート近く)に設けられる毎年恒例の24時間営業のテント物販店も絶賛営業中でした。F1ウィークの少し前にはバイト募集とかしてるけどここもしてるのかな?




Img_2750観に来る年は毎回雰囲気を味わいたいが為にわざわざメインゲートから入りますw鈴鹿サーキット50周年とあっていつもと違う感じだった気が。





Img_2751入ってまずお迎えしてくれるのがこの50周年モニュメントと記念塗装がされたマシン。てかこの展示されているマシンって色んなカラーリングに変えられてる気がするw




Img_2752遊園地内の雰囲気を味わいながら道路下を潜り、サーキットエリアに来ました。ワクワクが止まらない!それにしても良い天気で良かった。今年(2013年)も天候に恵まれそうですね。




Img_2904フリー走行1回目が始まっていました。優勝候補筆頭のセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。鈴鹿が大好き大得意でべた褒めです。神が作ったサーキットと賞賛。ほんとありがたいです。一体F1で何勝挙げるのでしょうか。



Img_2909チームメイトのマーク・ウェバー(レッドブル)。遂に今年(2013年)でF1引退。何故か彼のミニチュアマシン(ジャガーR4)を持っています。今までお疲れ様。





Img_2948WRCからF1復帰を果したキミ・ライコネン(ロータス)。相変わらず物静かな感じですが、かつての走りそのままに善戦して、復帰後も表彰台も数回経験います。アングリーバードの帽子買いました(土産用)。




Img_2924跳ね馬全盛期再来を託されているフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)。ルノー時代から劣らず走りは素晴らしいですが、ここ数年は後一歩でワールドチャンピオンに届かず。しかしいつになってもアロンソと言ったらマイセンルノーのイメージが強いです。今でも



Img_2929日本大好きで道端ジェシカの恋人でもあるジェンソン・バトン(マクラーレン)。まさか彼がこのGPで日本人にとってキーポイント且つ重要人物になろうとは。





Img_3135この日本GPで現役引退を表明した皇帝ことミハエル・シューマッハ(メルセデ)。かつての走りとは程遠いですが、モナコでは予選上位だったり、復帰後も表彰台に一度昇ったりと全盛期の片鱗を見せていました。




Img_2970今年久々にウィリアムズへ優勝をもたらしたパストール・マルドナド(ウィリアムズ)。しかし優勝レース後にはピットガレージが火事にあい、それ以降は後半になってもパッとせず低迷中。




Img_2969そして我等が日本代表の小林 可夢偉(ザウバー)。ここまで不運続きで表彰台には届いていませんが、鈴鹿ではかなり期待されていました。そしてこの後彼はドラマを起こす・・・




Img_2980FP1ではロズベルグ選手のマシンがトラブルでストップ。FP1終了後にトラックで運ばれていきました。






Img_2981フリー走行1回目の結果。昼までは園内で昼食を取ったり色々見て回ったりして暇つぶししました。






Img_3273午後になってフリー走行2回目が開始。午前中に撮ってないマシンを撮影しました。こちらはブルーノ・セナ(ウィリアムズ)。叔父アイルトン・セナの名前が偉大すぎる故のジレンマもあり、あまりパっとした戦績を残せていません。



Img_3202ロシア国籍チーム(だったはず?)のマルシャ。相変わらずの下位チームから脱却できてません。全身はヴァージン・レーシング。





Img_3345トロロッソ。こちらもベッテル移籍後は相変わらずの中堅チーム。今後表彰台に上る事があるのでしょうか・・・。





Img_3272フェラーリに道を譲るフォースインディア。現地で見るとホントあの速度と鈴鹿の道幅で、よくもぶつからずにスンナリ譲ったり抜けるものだ。F1ドライバーは凄い。




Img_3311ベッテルをアップで撮影。大好きな鈴鹿で駆けて何を思ってるか。なお日本GP特製ヘルメットは地元の鈴鹿高校・書道部が書いた文字がプリントされてたと思います。鈴鹿高校に入ればF1ドライバーと接する機会がある!?なお私も鈴鹿市内の高校通っていましたが、そんな事は高校生活で一度も無し・・・。


Img_3343FP2ではケータハムのペドロフがコースアウトしてクラッシュ。FP2終了後にこちらもマシンが運ばれていきました。






これにて金曜日フリー走行の観戦記は終了。明日はF1臨撮影1日目と土曜日予選(10/6)です。

« 2012年 F1日本GP観戦記・F1臨撮影記 (前章) | トップページ | 2012年 F1日本GP観戦記・F1臨撮影記 (土曜日) »

スポーツ・旬な話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1659308/53559185

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 F1日本GP観戦記・F1臨撮影記 (金曜日):

« 2012年 F1日本GP観戦記・F1臨撮影記 (前章) | トップページ | 2012年 F1日本GP観戦記・F1臨撮影記 (土曜日) »

無料ブログはココログ