« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

2013年4月14日 - 2013年4月20日

2013年4月16日 (火)

カトーとマイクロエースの100系新幹線比較

14日は今更ながら始めてトレイン117に乗車してきましたがそれについては後日。今日はその日の帰りにカトー100系新幹線の先頭車を買ったので、マイクロエースと比べてみたいと思います。

Img_6075まずカトー。一番印象を分けているのがボンネット膨らみでしょうか。どの角度から見ても滑らかなカーブを描いていて美しいです。ライトの太さはあまりマイクロエースと変わらないと思います。むしろトミックスのが太過ぎる?



Img_6076次にマイクロエース。こちらのが新しいので、細かい部分の表現などは勝っていますね。ただ一番の問題はボンネット膨らみ。カトーよりボリュームがある上に、ちょうどこの角度ぐらいから見ると黄色い線で示した様にボンネット膨らみが緩やかなカーブじゃなくて角張って見えてしまってます。これはさすがに試作と量産での違いではないと思いますが果たして・・・。

Img_6083塗装ですが青色はマイクロエースのが濃い青で、カトーのはちょっと薄い印象。ボディー塗装のパールホワイトもマイクロエースがそれっぽいですが、ボディーに関してはロット違いや経年もあるので判断できません。多分塗装に関してはマイクロエースのが実写に近いと思います。左写真では青塗装の違いしか分からないと思いますが・・・。

Img_6082なおカトーの100系はJRマークが印刷済みですが白色が透けてる様に薄いです(塗料の乗りが悪い?)。またトイレタンクの表現があるのもカトーだけ。これは大いに評価できます。マイクロのに移植させたいですが、それだけでカトーのをいっぱい買うのは中古やジャンクでも勿体無さ過ぎる・・・。どこかから別パーツとして販売されないものか。なおマイクロエース300系もトイレタンクがあります。
まあ私が見た感じではこんなところです。個人的に一番イメージを分けてるのがボンネットの膨らみ加減でしょうか。マイクロエースのは見る角度によっては滑らかなカーブになって無い部分がチラホラ・・・。まあそこら辺は1枚目と2枚目の写真は同じ位置・角度で撮影していますので比べてみてください。顔部分に関してはカトーのが好みかな。

« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

無料ブログはココログ