« 2013年10月20日 - 2013年10月26日 | トップページ | 2013年11月10日 - 2013年11月16日 »

2013年11月3日 - 2013年11月9日

2013年11月 9日 (土)

嗚呼・・・。栄光の寝台特急・ブルートレインよ、永遠なれ

もうご存知かと思いますが来年度限りで寝台特急あけぼの廃止が決定的との報道がされました。また北海道新幹線開通に伴い、北斗星も廃止見込みとの報道も同時に出ています。またその観点から青函トンネルを走るトワイライトエクスプレスおよびカシアペアすら廃止確実との報道も・・・。正直言ってあらゆる感情が入り混じり過ぎて“無気力”となりました。今回は夜行列車について。

Photo以前から度々寝台特急が廃止されてきましたが、本格的と言うか毎年の様に廃止されるようになったのはあさかぜ廃止辺りから。この頃からほぼ毎年の春ダイヤ改正毎に寝台特急が消えていく事となりました。これでも廃止間近までは名古屋駅すら夜は1時間毎に寝台特急が九州へ旅立っていた程の頻度でしたが・・・。

Photo_2そして08年にはあかつき・なは廃止により関西発着の九州行き寝台特急が全廃。それ以前にムーンライト系列も、何も発表される事無く消えていったので、実質寝台特急で九州へ行くには、この時点で富士・はやぶさのみとなりました。



Ef65なおあかつき・なは廃止と同時に寝台急行銀河も廃止となりました。新幹線の最終より遅く出て、新幹線の始発より早く着くという利点が評価されてはいましたが、やはり老朽化・そして会社事情(JR東海の機関士廃止)が大きく影響しました。



18321一方北海道でもかなりの動きがありました。殆どの寝台特急は長距離列車故に、会社跨ぎと言う利益分散上の問題がありましたが、自社内完結の道内夜行列車も廃止が相次ぎ全廃となりました。




Img_032そして遂にきてしまった09年ダイヤ改正。これで遂に九州行き寝台特急が全廃。同時に東海道・山陽本線からブルートレインが消滅。やはり乗車率低迷と会社事情が大きく影響しました。




315_4また同時に電車方式に加え、割安夜行列車且つ東海道本線と言う幹線且つ東京発着の走行列車として楽観視されていたムーンライトながらも定期運用が消滅。まあ18きっぷシーズン以外はかなりガラガラで、コンパートメント席で足伸ばして寝られてぐらいの閑散ぶりでしたから仕方ないか・・・。


Img_1960そして勢い衰えることなく近年では臨時化されて、その後何も発表無く気付けば廃止されていると言うスタイルへと変貌しております。これに関しては利用者に対するサービス・告知する義務としてどうかと思いますが・・・。



Bさて、車内設備についても論じていこうと思います。まず廃止された殆どの列車が高齢の国鉄車両。おまけに客車牽引でしたから発着時にガタンっ!って衝撃は一般人には不評だったでしょう・・・。ソロとかも狭いって言われてました。



Img_1813一方の開放式A寝台もやはり時代遅れ感があったのでしょう。私たち趣味の人間からしたら旅情とか昭和テイストとか色々補正されちゃいますが、一般利用者からすれば狭い・古いの評価となってしまいます。おまけに高額ですし・・・。



24_71また車内販売も一部区間だけだったり、悪く言えば本当にただ乗って目的地に行くだけのものでした。当然JRも廃止前提でしたので、ここに関しては一切の改善を施すつもりは無かったのでしょう。




Photo_3むしろ改悪していったのがJR各社。いくら数年内に廃止前提で“役目が終わったもの”と前提していたとは言え、突如様々な列車のロビーカーを廃止したりなどが横行。こういう仕打ちがされた時点でもう将来的に“寝台特急”すら無くしたかったのでしょう・・・。



Photo_4しかし何故改悪していったかと言えば成果が無かったからなのも事実。個室以外にもゴロンとシート、カーペット車両、お座敷などなど様々なスタイルが登場し、サンライズなどの寝台“電車”も導入しましたが成果はイマイチだったようです。



この言葉だけで済まされてしまう世の中になってしまったのでしょうが、ただ単に“寝台特急は社会的役割を終えた”のでしょう・・・。おそらく今後何かの要因で乗車率が安定していこうが、全国のファン全てが結託し募金して運行・整備資金を提供しようが、JRグループが寝台特急を廃止したい意向は揺るがない意思なのかと思います。寝台特急の役割であった“旅情”や“のんびり旅路を楽しむ”なども、ななつ星や今後登場するクルーズトレインへ移行していくのかと思います(だからこそトワイライトやカシオペアすら廃止と予想)。今私達ファンにできる事は、後悔しない様にできるだけ多く乗って思い出を残す皆が最後をマナーを守り撮影して見届けるしかないでしょう。

2013年11月 4日 (月)

モト90形“マンモス号”の撮影

11月2日にきんてつ鉄道まつりに伴い、同日限定でモト90形+5800形によるマンモス号の乗車体験ツアー列車が運転されました。

Img_7471自宅から名阪国道で藤井寺まで行き、そこから近場の撮影地へ。ネットで調べた場所ですが、有名処なのか結構な撮影者がいました。後ろか来る列車をケツ撃ちでの撮影となりましたが、最初の撮影は日差しがありまあまあ上出来。



Img_7493折り返し列車を撮影しようとしていたら、さっきまで晴れていた空が一転して曇ってきました。しかも雲が厚くて暫く晴れそうにも無い様子・・・。なので構図を変えて撮影しましたが・・・、画像の明るさやピントなど微妙(写真は編集加工済み)。



Img_7498晴れそうにも無いので撮影場所を変えてみる事にしました。車でさ迷うこと数分、結局駅からの撮影となりましたが、これまた微妙と言うか何と言うか・・・。





Img_7518また撮影場所を変えるためさ迷い数分、こちらも何とも言えない構図でしたが微妙・・・。おまけに列車来てるのにピントが中々合わなくて焦ってピン甘。おまけにビル影などもあり暗~い!




Img_7554上写真の撮影場所から歩いてすぐ近くの場所に、構図的に良い感じで撮れそうな場所がありました。しかし本番に弱いわたくし・・・。見事にピン甘な写真となりました。おまけにズームし過ぎて画面いっぱいのカツカツな状態(連写10枚中8枚はパンダか台車が切れてました)。


Img_7573最後の撮影場所もフェンス越しに撮影しましたが、これまた微妙と言うかどうやって撮りたかったのかと自分に聞きたい出来。





結局着いて最初に撮った写真以外は、全て納得いかないと言うか中途半端な写真となり、わざわざ遠征したのにパッとしない成果となってしまいました。まあ天気に左右されて撮影場所を固定しなかったのがダメだったなあ・・・。まあ全く成果も無くブレブレまたはピン甘だらけで放心状態で帰って来た訳じゃないので良いですがw
楽天イーグルス優勝おめでとう!星野仙一監督としても初の日本シリーズ制覇でしたね。2日にマー君で負けた時点でもうダメかと思いましたが、前日の悪い雰囲気を吹き飛ばして見事な試合運びでした。相手が絶対的王者でもある巨人だったからこそ際立った日本一だったのでは?何はともあれ両者共に良い試合をファンに提供してくれて感謝です。まあ巨人嫌いの私は2日に負けた時点で「どうせまた巨人だろ」と不貞腐れていたのは秘密w

« 2013年10月20日 - 2013年10月26日 | トップページ | 2013年11月10日 - 2013年11月16日 »

無料ブログはココログ