« 2013年1月27日 - 2013年2月2日 | トップページ | 2013年2月10日 - 2013年2月16日 »

2013年2月3日 - 2013年2月9日

2013年2月 8日 (金)

到着

Img_4695最近になってしまかぜのCMを見るようになりました。コンセプトがJRも私鉄もここ近年はビジネス向きになりがちですが、乗る楽しみを感じられる要所がたくさんですね。車両も近鉄らしさは無いですがカッコイイの一言。模型出たら絶対買いたい!



Img_4802今週中頃に帰宅時に色々検索ワード代えるなどして探してて見つけたドイツレベルのCL601/604チャレンジャーが到着しました。もうちょっと入手しやすかったらいいんですけどねえ・・・。




しかしCRJ-200用のデカールはNazca Decalsと言うメーカーがCRJシリーズも含めて多数展開していますが、どうも通販で扱ってるのは海外サイトばかりで、日本のショップでは扱ってるかどうか分からず・・・。でも検索で出てこないので日本の通販サイトにある可能性は低そう・・・。やはり一部表記は自作デカールに頼るしかなさそうです。

2013年2月 7日 (木)

制作意欲を掻き立てるものが・・・

平日でもブログ更新する暇があれば極力する努力をし出した今日この頃。その成果もあってか模型製作にも意欲的になり、ようやく数年ぶりにCRJ-200の製作再開に漕ぎ着けた訳であります。そんな中気になるニュースが。F1ドライバーのルイス・ハミルトン選手がプライベートジェット購入との事。タイトル見た時は凄いな~ぐらいしか思わなかったのですが、機体の写真を見たらボンバルディアCL-600じゃないか!ドイツレベルの物をそのまま組めば再現できるんじゃ?まだ限られた写真しかなくて資料が乏しいですが、余裕があれば作ってみたいと思ってついブログ更新しちゃいましたw

2013年2月 4日 (月)

1/144 J-AIR CRJ-200製作(整形ほか)

本当は昨日掲載しようとしたのですが忘れていましたw
今回は前回紹介しのCRJ-200製作の続きです。

Img_4749実は機体のアンテナを製作中に誤って折って無くした・・・。ネットでできる限り真横から見たアングルの写真を探して、写真のアンテナをトレーシングペーパーでプラ板へ書き写してから切り取って形にしました。機体へは穴を開けて取り付けました。



Img_4761パテ作業も一苦労。レベルCL604のキットを継ぎ接ぎした故に所々凹んでいる部分が多く、特に機体後部のどんどん細くなっていく絞り部分は手で触っても分かるほど。パテを盛ってから真っ直ぐのプラ棒で麺を伸ばす要領で形を整えました(青丸部分)。また機体を研磨している時に誤って翼付け根部分も削ってしまいそこもパテで修正(赤丸部分)。

Img_4773一通りパテによる隙間埋めと凹み整形作業が終わりました。ペンで斜線がしてあるのが見えるパテ部分が大きな凹みがあった場所です。





今更ですが以前のCRJ-200の製作がストップしていたのは、機体のパテ埋め作業の際に、何も調べず知識も無いままラッカーパテを盛大に使ってしまったからです。特に機首部分へ重りを固定するのにも使用。当然ながら至る部分が溶けて凸凹に変形し、貴重な製品のキットを2セット分もほぼお釈迦にする有様でした。

次は小さな凹み・隙間のパテ埋め、その後はフィニッシングペーパーで仕上げて、機体全体の塗装をするつもりです。

« 2013年1月27日 - 2013年2月2日 | トップページ | 2013年2月10日 - 2013年2月16日 »

無料ブログはココログ